本文へスキップ

山形大学大学院理工学研究科機械工学専攻南後研究室ではリンク機構の設計とその応用を専門としています。


In Nango laboratory, Yamagata University, we are reserching about the design and applications of linkage mechanism.







TEL.
0238-26-3235

〒992-8510 山形県米沢市城南4-3-16

研究室構成員MEMBERS of LABORATORY

名称
山形大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻 南後研究室
教員氏名
南後 淳 准教授
所在地
〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
→アクセス
TEL. 0238-26-3235
FAX. 0238-26-3235
開設
2003年
研究室構成人数
14名(2020年4月現在(予定))
構成員
教員     1名
博士前期課程 8名

卒業研究生等 7名
学部3年生   後期 仮配属予定

沿革

2003年3月
山形大学工学部にて渡辺克巳研究室より独立し,研究室設立



構成員紹介 (2022年10月現在(予定))

  •  学年 氏名       研究テーマ
     博士前期課程2年 江口 森也 杖突き動作を入力とする歩行補助装置の力学特性の評価
      木村 勇貴 脚部関節の相互補助による歩行補助装置の開発
      横山 凌央  二重偏心直線運動機構のスライダに作用する力測定と評価
      山口 翔大   1自由度機構を人工筋肉で駆動する歩行動作のリハビリ装置の開発
     博士前期課程1年 今川 真吾  二重偏心直線運動機構のスライダに作用する力測定と評価
      今野 太晴  杖突き動作を入力とする歩行補助装置の力学特性の評価
      関本 進之介  脚部関節の相互補助による歩行補助装置の開発
      三島 大耀  補助脚を有する歩行補助装置の設計と試作
     学部生・卒研生 石川 卓和  脚部関節の相互補助による歩行補助装置の開発
    佐藤 匠 1自由度機構を人工筋肉で駆動する歩行動作のリハビリ装置の開発
       國井 太陽 二重偏心直線運動機構のスライダに作用する力測定と評価 
      小林 将仁 二重偏心直線運動機構のスライダに作用する力測定と評価
      伊藤 あるた 杖突き動作を入力とする歩行補助装置の力学特性の評価
      石垣 元弥 補助脚を有する歩行補助装置の設計と試作
      鈴木 健太           未定
         
           
           

             ※博士前期1年のテーマは仮題,4年生の研究テーマは一部を除いて未定です.

バナースペース

山形大学大学院理工学研究科機械工学専攻南後研究室

〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16

TEL 0238-26-3235
FAX 0238-26-3235